6年間使うランドセルだから納得のものを

子供のランドセル。 6年間使うものだから、ナットクのものを選びたいです。

子供にとっても不安と期待の小学校。 お気に入りのランドセルなら、子供のワクワクを大きくしてくれます。

とはいえ、子供の好みだけで選んだら、予想外に高かったり、優先したかったはずの機能を見落としたりということも。

子供の気持ちにも、気を配りながら、シッカリしたものを選んであげたいですね。

例えばランドセル選びで忘れがちなポイントの一つに【成長】があります。 小学校の6年間は、成長で子供の身体・心も大きく変化するとき。 入学当初と卒業間際では、考え方も、好みも、身体も全然違います。 途中でイヤにならないランドセル選びも重要です。

地域性や子供の性格にもよりますが、ほかの子のランドセルに比べ「安い」「目立つ」という理由でイタズラされないか不安に感じるということも。 多様なランドセルが発売される中、人気の価格帯や、人気のカラー・デザインが選ばれる背景には、こんな心理が働いているのかもしれないですね。

素朴な疑問から考えるランドセル選び

「A4フラットファイルが入る?」「ランドセルは大きいほうがいいの?」「子供に負担が少ないランドセルとは?」「成長しても大丈夫?」「高いランドセルと安いランドセルは何が違う?」・・・

ランドセルを真剣に考えると出てくる疑問はいろいろあります。 混んでて 忙しい お店の売り場では、なかなか聞けないことを、感想や本音も織り交ぜながら まとめました。 ごゆっくりどうぞ。

* * * * * * * * * * * * * * *

自転車の補助輪
小学校1年生といえば、自転車も補助輪なしで乗りたいところ。小学校1年生までを目指して、補助輪を外す特訓をする家庭は多いです。でもこの特訓、結構苦労します。でもそれだけに、自転車の補助輪がとれると、また一つ子供が成長したという手応えを感じるのでした。

子供の成長とランドセル
小学校は子供が大きく成長する時期です。身体も心も大きく変化します。ですので、6年間使うランドセルは、そんな子供の成長も見越して選びたいですね。身体の成長については特に「肩ベルト」、心の成長や好みの変化については「カラー」や「デザイン」に注意したいです。

ランドセルの大きさ
近頃話題のA4クリアファイルが曲がらないで入るランドセル。これまでのものより若干大きいランドセルです。子供への負担を考えれば、ランドセルはコンパクトなほうがいいです。ランドセルを大きくしてまで曲がらない事を大事と考えるかどうかですね。

小学校の入学までに
子供の小学校への入学。勉強部屋のことを考えて、引越しや家の購入を考える人が結構います。実際、私の周りを見渡しても家を建てた人が何人もいます。子供の小学校への入学は家族みんなの一大事なんですよね。

通学時の持ち物
小学校1年生の通学時の持ち物はランドセルだけではないです。体操着や鍵盤ハーモニカ、夏場ならプール道具や水筒など。さらに、雨が降れば傘も差します。だからこそ、ランドセルは負担の少ないものを選んであげたいですね。通学距離が長いほど重視してあげたいです。

大橋のぞみちゃんのTVCMでおなじみのランドセル【ラ・ポンテ】
↑ クリック ↑
Web限定価格はコチラから
このランドセルに決めた

ランドセルとカラー

ランドセルと機能

ランドセルの素材

ランドセルのデザイン

ランドセルの雑学

学習特集

| 初めてでも失敗しないランドセル探し

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちら (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

メラニン色素を抑える成分
Copyright © 2009-2017 ハジメテでも失敗しないランドセル選び@データ偏. All rights reserved